カスタムバイク:スケーター号完成/ハンドリングアジャスト

ks号 
 逆オフセットを与えたスケーター号、直進性は目に見えて向上しました。
 ドシッとした、とまではいいませんが(トシッ、くらいか・・・)ワイドなハンドルが左右に小刻みに振れることはなくなりました。

 困ったのはブレーキです。

 しょぼい鉄のロングアーチですが、そのリーチをもってしてもシューがリムまで全く届きません。これより長いアーチを求めるのは無理な相談、幸い「ジャンクパーツ缶」の中に薄いブレーキシャフト・スペーサーがあり、幾分
後方へ動かせましたが、それでも足りません。しかしこのアーチをなんとか使うしか方法が・・・。
逆オフセット
 そこで、せっかく良さげな前輪アライメントが得られたにもかかわらず、
それを若干「戻す」方向になってしまいますが・・・

 シューが届く位置までフォークを「短くする」

 ことにします。もちろん切り継ぎするわけではありません。フォークエンドのスリット、アクスルをくわえる切り込みを長く(上下方向に深く)削るのです。パイプを潰してエンドを打ち抜いた、先が広がってるような(笑)安普請な
フォークです、構わずガリガリと削ります。
 これでとりあえずブレーキの問題は解決。効きがよくなる、という思わぬ副次的効果も得られました。そしてアーチの移動によってたまたま干渉するようになってしまった前後ブレーキワイア取り出し部分ですが、
フックストッパー
ステアリングストッパー
 ストッパー
(=シャフト共締めステーとタイラップ。タイアクリアランスはギリギリ・・・)
 なんぞを思いつき解決。また、ホイール全体の位置が上がったため、
タイアがフォーククラウンに干渉するようにもなりましたがこれも削りを入れて・・・OKです。
 しかしフロントの車高を下げたことになる(=キャスターを立てた)のでせっかく稼いだトレール値は目減りしてしまいました。走らせてもその違いが判るほどです。
「一度味わったあのレベルまではなんとかしたい!」
そこで禁断の一手(!)を打つことに・・・。ステアリングダンパーです。
SD.png
 ロードレース用オートバイに装着されているのを見かけるステアリングダンパー。しかしオフロードバイクにはついていないことから見ると超高速、高荷重といった、特殊な状況でのみ必要な装備なのでしょう。しかし実際特殊な自転車なので・・・(笑)
 といってもポン付けするのではコストも重量も嵩みます。第一自転車用なんてのは売ってません(笑)そこで・・・
 ヴィンティッジモーターサイクルの手法で行きます。ステアリングヘッドを「締める」のです。
 昔のバイクはステアリングヘッドに大きなノブを持つものがありました。
knob.png
 そのノブを締め込むことによって敢えてヘッドベアリングを渋くさせ
「フリクションダンパー」
として機能させていたのです。
 圧入のシールドベアリングでは不可能な、昔ながらのカップ&コーンの
ベアリングならではの芸当です。普通ベアリングは
「ガタのない範囲で一番緩く」
調整するところですが今回は、ゴリゴリした
「ボールの感触が現れる直前」
くらいまで締め込みます。

 車体を傾けると一瞬遅れてステアリングが切れてくる

 そんな感じです。この一瞬の転舵遅れ、実は乗っていても感じられるのですが、母には感じ取れないだろう・・・ということにします(笑)
k-s
 かくしてお買い物スケーター号は、まあ納得のいくハンドリングになんとか仕上がりました。
 しかし実はあと一つ、解決できない深刻な問題が残っていて・・・

 スタイリングです。

 まずフォークに食いついているL字ステー!
マイナス 
(シューの角度、アクスルを上げた分ステー下へのフォーク突き出し・・・)
 アクスルをオフセットさせるだけならL型である必要はなく平板で十分なのですが、今回はとりあえずフォークを挟み込むように片側2枚づつL字ステーを使いました。
 すると挟み込む際ステーのコーナー部分を支点として、非常に強固に固定できたのです。実車は常にチェックできる環境にはありません。固定の確実さを優先、審美眼的には大変不本意ながら・・・そのままの固定方法を維持した次第です。

 また今回前輪に逆オフセットを与え、既にステムも前後逆を向いている(!)ということで遠目にはそうでもありませんが、近くで見下ろすと

 ハンドルを180°回した状態

 に見えます。まるでフリースタイルのBMXのようです(笑)
nego.png
見た目非常に違和感があります! 事故車か?とも思います(笑)

 しかしこれに関して修正することはできません。せっかく苦労して得た
「正しいスケルトン」
ですから。

 今回得た経験から・・・
 もしこれから、同種の自転車を企画する人がいたら(←いますかね?)
ハンドリングについてアドバイスしたいと思います。

「トレールが足りないからキャスターをもっと寝かせた方がいいよ」



 前稿、わざわざ過去ログ参照した「普通の」ロードレーサーの
「ハンドリングアジャスト」
について触れることができなかったので、以下に。

 前輪を細くしてハンドリングが良くなるなら・・・

 そのまま乗る、後輪を太くする、フォークを替える、のほかに

 Rエンドに「三日月型」のスペーサーを入れる
( ↑ Rアクスルを下げる=Rの車高を上げる)

 というのがあります。
 ロードエンドでは無意味、ストドロなら効果がありますが、シフト性能に悪影響が出るかもしれません。もちろんフレームのエンドにぴったりはまる、「三日月型のスペーサー」なんてのはどこにも売ってなくて(笑)
自分で削り出してもらうほかありません。

 フォークの交換については今稿の通りトレールを減らす方向、即ち

 オフセットを増やす、ブレードを短くする(=キャスターを立てる)

 ということになります。
 今回のスケーター号同様フォークエンドを彫り込む、もありでしょう。

 後輪ファットタイアは前輪交換より変化は少ないです。
 というのは太くなった後輪、バンク時の接地点移動量(距離)が若干でも
増えるため以前より、力が要るようになる(=重くなる)ためです。
 もし
 ハンドリングを穏やかにしたい、のであれば上記は全部逆です。
 自分は、あまりに実用車的で無様だった付属のフォークを、格好優先で(笑)タンゲに替えたため、ハンドリングが切れ込むようになった
みきすと  
ミキスト
のフォークエンドにその「三日月スペーサー」を入れて成功しました。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/04(日) 08:18:02|
  2. Bicicletta
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Fixing A Hole ♪ | ホーム | カスタムバイク:Fホイール・アライメント>>

コメント

検索からやってきました。

ハンドルとステムの変更はしてたのですが直進安定性の改善を求めていたら此方に行き着きました。

フロントタイヤのオフセット真似させて頂きました。
すばらしいアイデアです!

格段に乗りやすくなり
坂道下ってもハンドルが振られる事が無く安全に乗れてます。

感謝です!

因みに自分はブレーキをフォークの後ろ側に別の物を点けて
ワイヤーはVブレーキのガイド部品を使って下から引っ張る形にしました。
  1. 2015/05/25(月) 15:19:26 |
  2. URL |
  3. メタブラ #-
  4. [ 編集 ]

お役に立って嬉しく・・・

メタブラ さま
コメントありがとうございます!
誰も望んじゃいない(かもしれないw)それでも実体験に基くそこそこ(?)掘り下げた事象、書き連ねてきましたが(笑)実際にお役に立ったこと、大変嬉しく思います。
「・・・無駄ではなかった!」
との思いです。
また、その実車のブレーキ処理等興味があります。もしお手数でなければ画像ならびに改造に至った経緯等お伝え頂ければ、と思います。
ともあれ今後とも、当ブログへのご来訪お待ちしております。

> 検索からやってきました。
>
> ハンドルとステムの変更はしてたのですが直進安定性の改善を求めていたら此方に行き着きました。
>
> フロントタイヤのオフセット真似させて頂きました。
> すばらしいアイデアです!
>
> 格段に乗りやすくなり
> 坂道下ってもハンドルが振られる事が無く安全に乗れてます。
>
> 感謝です!
>
> 因みに自分はブレーキをフォークの後ろ側に別の物を点けて
> ワイヤーはVブレーキのガイド部品を使って下から引っ張る形にしました。
  1. 2015/05/27(水) 10:45:29 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

画像検索の一覧で見た瞬間にこれだ!と思いました。

記事も読ませて頂きこれでやっとまともになると確信しました。
自分もはじめはキャスター角に目が行ってたので正に目から鱗(笑)

しかし、加工が必要なので誰でも出来る物でも無さそうですね

画像付きのブログURL貼っておきます。
  1. 2015/05/29(金) 13:22:19 |
  2. URL |
  3. メタブラ #-
  4. [ 編集 ]

御礼ならびにブログ掲載の件

メタブラさま

ご返信ありがとうございます。web確認致しました。
そして今回の件、当ブログに取り上げさせて頂きました。

また事後報告になってしまいますが・・・
画像の借用お許し戴きたく存じます<(_ _)>
  1. 2015/05/30(土) 22:41:00 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/74-a00339fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)