本の話:三樹書房

 
 このところしばらく技術系(笑)の話題が続いているので、今週は肩の凝らない「本」の話など。
 実際しばらくちょっと根つめ過ぎで、疲れたってのもあります(笑)

最近買った本(トップ画像)がこれです。
 新聞の新刊情報で見かけ興味をひかれ即、注文しました。
 その感想は・・・
 実際もう少し池波正太郎的なもの(笑)を想像していたのですが、思っていたよりずっと落語方向に振れた内容で、思いのほか楽しめました。
 自分のような
「落語に興味はあれど依然初心者の域を出ない」
という向きには格好の落語ガイドブック、あるいは豆知識本として相当、
お勧めできます。
 もちろんグルメな読み物としてもきっちり成立してます。
 特筆すべきは、落語の舞台としての江戸期に在った店、習慣、風俗等の「今」をも追っている点です。読後に、現在も存続するその店に行ってみたくなることは請け合います。
 ただ、落語本としてデジャヴな読後感が・・・
これでした。 

シリーズとしてこちらも。
 国産旧車についてのあれこれを、そのカタログを見ながら対話形式で
綴っていく、その登場人物が
「ご隠居と熊さん」
と落語仕立て・・・という楽しい本。著者であるカーグラの重鎮、高島鎮雄氏がご隠居役というわけです。
 このシリーズとよく似た雰囲気が感じられ・・・
 その既読感はさもありなん、実はこの3点は同じ版元、三樹書房の作品なのです。

 自動車関連読み物(≠雑誌)を中心にマニアックな書籍の数々を精力的に送り出している三樹書房
 主宰の熱きエンスージャスト、K社長(知られたホンダN360マニアだったとか)と営業Y氏には本屋時代からよくして戴いており今だに、新聞で一面下段広告や書評なぞ見かけると
「見ましたよ」
とメールしたりもしています。同社近刊としてはK社長自ら編纂、集大成とも仰っていた力作・・・ 
スーパーカブの歴史
 も惹かれるものがあります。
 本屋時代、K社長から
「自動車専門書店の営業最前線から、ぜひ!」
と意見を求められたこともあります。
 同社から出ている・・・
英国Haynesの自動車整備マニュアル日本語版

(このほかにもあります)
 その次作の車種はどれが売れそうか?
(この時はE46を強くお勧めしたのですが諸般の事情で実現せず)
 とか
 同社入魂の企画(当初は書籍だった) 車評 について、とか。

 また、こんなこともありました。
 営業Y氏が
「店長、今度省エネ運転テクニックの本を出すんですが・・・
 題名は何がいいでしょうかねえ?」
「ドラテク本?しかも速く走るんじゃないやつ?」
「そうです。その道の達人がいるんですよお」
「んで、走り屋じゃない・・・どんな層に売りたいの?」
「実は、自動車マニアじゃない主婦層とかを狙ってるんですけど」
「・・・そういうことですか。本の名前かあ・・・今んとこ、どんな候補が?」
「燃料消費率向上のための・・・」
「ハハ、そりゃダメだ」
「そうですかね。ハイブリッド車人気もあって、ガソリン節約気運は高まってる
 と思うんですが?」
「その通りだけどそんな題名じゃ堅くて、手に取ってもらえないよ。
 もっとキャッチーでないと」
「うーん」
「それに平積みならいざ知らずちょっと経って棚に挿されちゃったら・・・
 長い題名は難しいんじゃないのお?ウチはともかく、
 ヨソじゃ挿されちゃう可能性高いし」
「じゃあ、どんな?」
「そりゃあシンプルに・・・燃費の本、だな!・・・しかないでしょ」
「ふむ」
「燃費って言葉はもはや自動車用語でもなんでもなくて、
 それこそ主婦層にだって充分浸透してるでしょう。
 短い単語だし一目一発で認知されるし・・・使わない手はない
 と思うなあ。それっきゃないよ」
「なるほど」
 
 そしてできたのが・・・

 名付け親って気分は初めて味わいましたが・・・まあ、悪かないですね(笑)


 先週はポール・マッカートニー・ライブで悔しい思いをしたわけですが、
そこで一句・・・

 日本の水ぬるいはずだが公演中止

 レリビーは聴けずレリゴーばかりなり

 以上は投稿済みです。ボツとは思いますが(笑)
 前回の来日時には

 リバイバル否サバイバルポール爺

 なんてのも出しましたがボツでした(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/05/25(日) 09:04:47|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Maxwell's Silver Hammer ♪ ♪ | ホーム | Getting Better ♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/77-949eb06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)