F1エンジンの多様性

 
(ブラバム-アルファ・フラット12 デビュー時。インダクションに注目!)

 前稿F1エンジンルールについて、事実誤認がありました(汗)
 今年からのエンジン、バンク角は90°で決まっているそうです。勉強不足申し訳ありません。なぜそんな誤解が?というと・・・
v10.png
 V10時代のルノー

 車体要件に特化した広角エンジンでパワーの劣勢を覆す快走!そのイメージが強烈で(笑)そういった「エンジンの多様性」すなわち
「色んなエンジンがあって欲しいなあ」
と漠然と考えていたのに引っ張られてしまった・・・と、いわばファン心理みたいなものの成せる技でして・・・。

 90°のみ、ということであればクランクスローの件はなし、全車等間隔点火で間違いないでしょう。となると「冴えない音」の問題はやはりレヴのせいではないでしょうか。昨年までのV8、リミット19000rpmだと1秒間に
 1266回
 も爆発していたものが今年のV6、規則上リミット15000ですが実際には燃費の問題で12000、その時毎秒
 600回
 爆発と「音源周波数」は半分!
 これでは「突き抜けるように!」は聞こえないのはある意味当然でしょう。踏んでいって
「おー来る来る」
って時にスロットル戻してるようなものですから。


 前述の、最高峰のモータースポーツにあるべき(と思います!)エンジンの多様性、それについて話を続けると・・・

 今年のエンジンルール、4気筒という選択肢はフェラーリによって葬り去られたのは前稿の通りですが、もしも許されていたら・・・
 きっと、1.5リッター時代のブラバムのような
Brabham.jpg
「横倒し」4気筒
 は間違いなく現れたことでしょう。
 当時ブラバム(=MRD)在籍中だった鬼才G・マーレイが繰り出した、
 画期的「低重心」を可能にする秘策がこの横倒しエンジンでした。
 この、わざわざBMWに作らせた「ぺったんこエンジン」とそれ専用の、サイドポンツーンの高さしかないような・・・
BT55.jpg
低~い(!)車体
 は当然前投影面積(≒空気抵抗)も小さくウィングの効きも良く、その低ドラッグを利して素晴らしい動力性能と低重心による異次元のハンドリングを実現するはずでした。一方デメリットたる横倒し(=クランクセンター移動)のため追加されたギアトレインの駆動(パワー)ロスも、当時はあり余っていた(笑)ターボパワーで問題にならない・・・はずでした。
 が、思った通り行かないのは世の常、勝負の世界では尚更で、このBT55はその特注ギアボックスの完成度や横倒しゆえの潤滑の問題等で信頼性に欠け、うまく走りませんでした。
 加えてドライバーが、その寝そべった運転姿勢に馴染めなかったことも同車の不振を助長したようで、R・パトレーゼなどは思いっきり車体からはみ出し(=起き上がって)空気抵抗になりながら(笑)運転していました。
 レーシングドライバーとは、前後左右からの

 強烈なGフォースに耐えつつ行う繊細な操作の正確さを競うアスリート

 です。ドライビングポジションはとても重要なはずです。鉄人(ⓒフジテレビ)パトレーゼも譲れないものがあったのでしょう。

 直列エンジンの場合、傾けなければ給気系は
F3
f3.png
のようにドライバー頭部後方左右どちらか
 に突き出すことになります(BT55は横倒しゆえ真上でした)。
 モンテゼモロ氏はきっとその左右非対称な姿がお気に召さなかったのではないでしょうか(笑)もし実現しても(?)ウィングへの悪影響も無視できないでしょうし、例の追い越しデバイス「DRS」の効きも悪くなるかもしれません。実際美しさも相当損なわれることでしょう。モータースポーツの最高峰には相応しくないかもしれませんね。


 一方、ストリートカーでも低重心化のためのスラント(傾斜)エンジンの例は散見されます。
BMWの名機M12
2002.png 
(これは2002tiのレースカー)
市販車はそうなっていますし(F2は別!)
当ブログに何度か登場しているアルファの4気筒にも同様の例があります。
アルファの「市販レーシングカー」
tz.png
TZ
 です。アルファの4発はご存知の通りウェットサンプ、
op - コピー  
底部に凸型の大きな(オイルクーラー兼用の?)オイルパン
 を持ち垂直に積まれます。しかしTZはレーシングカー、
「高性能化のための手立ては予め打っておこう 」
ということなでしょう、ごついオイルパンを廃しエンジン位置を下げるため
ドライサンプ化。加えて空力のためでしょう、低いボンネットを得るためエンジン全高も下げるべくエンジンを傾けたのでした。
tze.png
(随分景色が変わります。傾き、判りますか?)

 ところで!
 F3で、全く同じ目的のため全く同じアプローチで「横倒しエンジン車」を作ったプライベート・コンストラクターが、それも日本に居たことをご存知でしょうか?
 次回はそのF3について・・・。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 23:31:53|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< Abarth Bag | ホーム | Turbo F1 2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/86-5156745e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)