Formula Mondial

 
(やっぱり#11が一番格好良いかな!)

 お盆休みです。

 F3の話題はちょっとお休み・・・ということで今週は先日耳にした
「フェラーリF1撤退」
の話題に絡め、本屋時代のブログ転載なんぞひとつ・・・


 フェラーリがF1を撤退、ル・マン等スポーツカーレースに専念する?!

 などというニュースがありました。
 ルカディー代表は否定したようですがその根底には数年前にもあった、
バジェット上限設定に反対しての同社F1離脱騒動の時と同様

 カスタマーカー(型遅れマシンの売却?)によるBティーム構想

 があり、今もなおフェラーリはそれを望んでいるようです。
 ちなみにそれに近い形で成功しているのが今年のMotoGPです。
RM.png
 MotoGPは新ルール3年目にしてようやく「型遅れ」が全ティーム分揃い、下位ティームにそれが行き渡ることによってコンペティション・レベルがぐっと上がりました。ただし折角面白くなりそうなレース展開に水差す
mm4.png
独走野郎がいますが(笑)
 そんな訳で、2009年当時のF1分裂騒動を受けた書店時代の自分の文章を以下に・・・

*******************************

 '80年代初頭の悪夢再び、F1が分裂の危機です。

 当時のいわゆる FISA-FOCA戦争 については書物等のまとまった記録はなく、現在ではレース史を紐解くしかそれを知る方法はありませんが、リンク参照を。

 今回(2009年)の騒動の中心たるフェラーリに対しFIAの言い分は
「フェラーリには2012年までF1参戦の義務がある」
とのこと。そしてもし今シーズン、フェラーリ撤退となると

 トップフォーミュラのステイタス維持のために同社の参戦は欠かせない

 とするFIAとの間で訴訟、高額な違約金に発展するのは必至です。
 しかし、それでもフェラーリが無制限の高度なコンペティションを望むのであればその違約金を払うのではなくFIAの言う通り、

 低バジェットで型遅れのマシンを用意し旧来のFIAシリーズにエントリー、例えテールエンダーでもグリッドを埋めて参戦義務を果たし(FIAの面子も立てた上で)・・・
 自らが関わる新しいFOTA「F1」シリーズを高バジェットで華麗に闘う(!)

 というプラン(?)はいかがでしょうか?

 フェラーリが2つのシリーズを闘う

 ことで全者が納得できる結果になるように思います。
 付け加えれば、
 ティーム数の不足するFOTAシリーズは各コンストラクター3台エントリーとすれば十分でしょうし、テストドライバーにも出番ができます。
 一方FIAシリーズはGP2ティームの大量ステップアップで

 GP1.5(あるいはF1.5か・・・笑)

 になってはしまうものの 「成り上がりティーム」にとってフェラーリを破る快感はその自尊心をくすぐり、それなりのコンペティションを生むことでしょう。

 また、新FOTAシリーズはゆくゆくオーバルも取り入れインディとの連携で、真のワールドシリーズを・・・
 そして、その新シリーズの名称は

 フォーミュラ・モンディアル

 で決まり、でしょう。
 と、妄想はこれくらいで・・・。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/16(土) 12:00:00|
  2. Magnesium&Race
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ねんど細工:ゴルフⅡ | ホーム | あるF3コンストラクターの記録>>

コメント

お金さえあれば、すべてうまくいきます。

誰かに話したくてたまらなくなりました。
私は一応女性なんですけど、これまで孤独ですごく寂しかったんです。
ある場所で噂になっていた掲示板を教えてもらいました。
最初は半信半疑だったんですけど、実際にすごい大金をもらってしまって…。
借金を一括で全額返済できます。
本気で知りたいという人だけに教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
すごい秘密をメールもらえた人だけに教えます。
  1. 2014/08/19(火) 16:15:03 |
  2. URL |
  3. 野木 #27Yb112I
  4. [ 編集 ]

コメントした人は本当にブログの内容を精読した上でコメントしてるんですか?今後一切立ち入らないよう願います。
  1. 2014/08/24(日) 00:12:10 |
  2. URL |
  3. コージー #vwmIP2oc
  4. [ 編集 ]

Thanks

コージーさま
お助けコメントありがとうございます。
この手のは即時削除しているのですが、今週は立て込んでおりまして・・・お手数煩わせてしまいました<(_ _)>
今週の慌ただしさの理由は・・・?
近々朗報お届けできると思います。
  1. 2014/08/24(日) 08:16:24 |
  2. URL |
  3. 十字野郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/89-76eb6c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)