2-2)Abarth-Simca

simca コピー 
(available)
 自分の最も好きな一台、Abarth-Simcaです。
 同じアバルトのMonomille
モノM
が特に、バンパーを備える点とか、OHVであること等「実用性」(!)が感じられる所が好ましく自分の中でのThe best Abarthだったのですが、
ある日同型車

(=750GTザガート‘Wバブル’)
のRサス(と実際の走り)を見て「これは危険だ・・・」
と感じシムカに「鞍替え」したのでした(笑)
 引き締まったモノミッレのカタチも素晴らしい ―テールのエンジンフードの3次元「逆アール」なぞは他に類を見ない感服もの― ですが、より新しい同車は流麗さも感じられる点でスタイリングのレベルも上かな・・・等々と、よくある無責任な「理想のクルマ」談義的な話ではあります。
 このイラストはある年のモテギ、ネコデイでのショットです。
 広いパドック、路面の駐車区画ラインの写り込み、よーく見ると隣に停まっているアルファ164の姿も見えるでしょう。
 この頃から、自分のイラストの題材としての写真は 

 基本的に自分で撮ったオリジナル・ショット(≠ 雑誌掲載写真)に限る

ことにしていました。まあ誰かに貰った写真でもオリジナルならOKという意味で「基本的に」をつけていますが、とにかく
「この絵、あの雑誌の何頁のあの写真だ」
と判ってしまうのはやめよう!との決意でした。 その発端は著名イラストレーター某氏(!)の作品のなかに外誌(含、著名国内誌)掲載写真を元とするものが散見され「何だかなあ・・・」と軽い幻滅を覚えてのことでした。
 加えて、特に旧いレーシングカーのショットは見たい所がよく見えないものが多くそのディテールを知るため別の資料を当るという手間が、嫌いではないものの常に必要で時間がかかる(=すぐに取り掛かれない)のが難点だったこともあります。
 おまけにその部分はレースごとに改造、アップデイトされたりしている場合が多々あり、スケールモデルの世界よろしく「何年のどこそこのレースの誰々仕様」のサーチにまで発展したりすることが往々にしてありました(泣) そしてそうしなければそのイラストの正当性というかリアリティが減じてしまう、と本気でそう思ってもいたのでした(@_@;)
 その点、自分で撮った写真なら「実車」はそこにありすべては一目瞭然、時系列も「今」と明確、疑問の余地はありません。

 以来「実車」と「今」にはこだわっていこう、と決めたのでした。

 このことを他人に話すと「そこまで・・・」と笑われるか、引かれてしまう(!)ことが多いので・・・格好良く説明するため「絵は3次元の立体を頭の中で2次元、平面化することでもあり、それゆえ表現できない(=描けない)向こう側(=裏側)を描かないまでもわかっていることが重要で、それが描く上で自信というか確信に繋がるのです!」などと強弁していました(笑)

 そしてこのイラストを現地出店展示していた後年の、これまたネコデイ・・・
 nd_2013121515104616f.jpg
くるま工房やまもと主宰山本氏と
 あるお医者様(多いですね)がこの作品を見染められ、お買い上げになろうかとするとき何気なく伺った一言
「当然ですがアバルトシムカにご興味おありで・・・?」
 「・・・シムカじゃないけれど・・・モノミッレを持ってます。」とセンセイ。
「ひょっとして今日、そのクルマでいらっしゃってる?」
 「参加してます。」
「だったらそのクルマを描きましょうよ!ホンモノのアバルトを、実際にお持ちの方がいくら名車とはいえ他人のクルマですよ。知らない人のクルマの絵を飾ってたって・・・ぜひ描かせて下さい!」 ・・・

 さっそくデジカメを持って「取材」です。
MM - コピー 
モノミッレの所までご同行願いながらアレコレ伺います。
これも上記「自信」のためです。 実車の廻りをグルグル回りながらディテールを含め結構な数のショットを撮影しました。
 先生のモノミッレは前述の「実用性」仕様ではなく極初期の、丸テール、口なし(=Rラジエータ)ライトカバーつき、という仕様でした。
ちなみに自分、真っ赤なダイハツ・コペン

(唯一欲しい国産「絶版車」)
を見るとこの車を想起します。
 そうして、最終的に決まったのがこのショットでした。
 実際の作品は、というとまあほぼこの通りの仕上がりで・・・というのも、完成品はすぐに発送してしまい画像を撮っておくのを忘れたのした。
 きっと先生の病院の一室に今も飾られていることでしょう。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 10:52:08|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4-0) Giacca di cuoio | ホーム | 3-1)MOTO2:ポスター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/9-0b7ec0bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)