クレイモデル

DSCF3889 - コピー - コピー 
(2014年賀状用画像、馬に跨る?コザクラインコ)
 毎年、年賀状にはペットのインコの画像を使っているのですが、近年は紙ねんどで作った

 その年の干支のオブジェとのからみ

 パターンを続けています。それゆえ紙ねんどの在庫があったわけで。
 ちなみにトップ画像のそれは
 mustang.png
フォード・マスタング
 のグリルのオーナメントを見ながら造りました。制作中
「ちょっと足が太いかな?」
とは思いましたが、特にリアルなものをとは考えなかったし力感もありか・・・ということでこれでよし、としました。
 本来小型軽量車好みの自分ですが、少年時代にこの映画

(このポスター、上映後映画館から貰ってきました)
 に衝撃を受けた身としては重厚長大車にもかかわらず・・・
mach1.jpg
「ムスタング・マッハ1」
 嫌いではありません(笑)
 
 さてゴルフのねんど細工、なぜ半分か?ということで・・・

 自動車のスタイリング検討時、簡単に盛ったり、削ったりできる粘土造型(cray model)は1/5といった縮小、実物大を問わず一般的に使われています。最近のMAZDAのボディー側面形状
nagare.png 
(砂丘の「風紋」からヒントを得たNAGARE=流れデザインなのだそうで)
 なぞは

 削ることによってエッジが出せる

 クレイモデルがなければ生まれ得なかったものといえるでしょう。

 このクレイモデル、現場では実物感の確認をしたりする際、時間およびコスト削減のため車体の半分のみに施工・・・
グリル
(左半分しか造っていませんが・・・)
 guriru.png
(鏡を置くと・・・ちゃんと車に見えます)
・・・真ん中に巨大な鏡を差し込んで
cray.png 
(ボンネットの塗装は手前のみで今、正に鏡が差しこまれようと・・・)
 全体を見る、ということは普通に行われています。

 今回のゴルフにはこのテクニックを戴きました。決して、半分で済むから・・・といった「手抜き」ではありません!(汗)
 ただ一つ言えるのはフリーハンドで、

 左右同じに(=反転して)造形するのは非常に難しい

 ということなのです。そういう意味で「完璧を期して」半分にしました(笑)
とりあえず
・・・と諸般の事情で今週は作業が進みませんでした<(_ _)>

スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 09:37:37|
  2. Styling
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あるF3コンストラクターの記録:その2 | ホーム | ねんど細工:ゴルフⅡ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://italiancarlover.blog.fc2.com/tb.php/91-8b235c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)