ホリデーオート新年号掲載

201802.jpg 
前々々回アップ分 

 で予告済みですが、絶賛発売中(笑)のホリデーオート2月号、好評連載企画

ハイスピードドライビングテクニック

(真ん中のカラー頁の直前、です)
 第4回に、また自分のイラストが掲載されました。

 ブログに書いた通り綿密な(笑)打ち合わせの後、ライター氏は下描きにもなっていない「ポンチ絵」を見ただけでこの文章を書き、自分はそれを送った以上
「やっぱり上手くいかないのでこのアングルに変えました・・・」
って訳にはいかないプレッシャーの下(汗)
 あーでもないこーでもないと車体ロール角や影の処理、舵角等を微調整して出来たのが・・・
33Z.jpg
これ
 でした。
 そしてそれが誌面となったのを確認すると・・・
 その下に付いたキャプションとイラストの素晴らしい符合にはちょっと驚きました。
 まるで完成イラストを見ながら書いたようではありませんか(!)
2018022.jpg
(まさにアンダーが出た瞬間に見え・・・)

 前述の通り「綿密な打ち合わせ」の賜物ですが、ライターとイラストレーター両者が・・・

 同じ志向(思考?)の下、別々に仕上げたものが完璧なマッチングを見せた

 のにはちょっと感動を覚えました。
「クルマが解ってる絵描き、の面目躍如だろっ?」
次回連載の打ち合わせも先日終えました。
 乞うご期待。
[ホリデーオート新年号掲載]の続きを読む
  1. 2018/01/14(日) 18:57:57|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こいつぁ春から・・・

2018n.jpg
(2018年賀状、です)
 あけましておめでとうございます。

 元日は親戚筋の宴会で(笑)
 翌2日は恒例の、一部のクルマ仲間が永年続けている
元旦走り
 です。自分は逗子に越してからは不参加。だって第三京浜集合で目的地は逗子・葉山ですから(笑)

 そしてその「元旦走り」の帰路、独身の(?)お友達が3名、美味しいお魚を手に訪ねてくれました。
trsf.jpg
(スピットファイアMkⅠと BX!)
 こちらも用意してあったマニアックなおもてなし・・・
Martini
18martini.jpg 
(勿論さましてからのお帰り・・・)
 なんぞ開け、楽しくも美味しい時間を過ごせました。
 ありがとうございました<(_ _)>

 最近レストア成ったこの青いスピットファイア。元々は葉山の510・・・
1465116200378.jpg 
K氏
 が以前ご夫婦で英国駐在中、その奥様の現地での「足」だったクルマを日本へ持ち込んだもので・・・
(その時一度乗ったことがあり、独特のシフトパターンが印象的で・・・)
 それを譲り受けたのが現オーナー。
 黄色いロードスター・・・
ツクバ  trsfd.jpg
でとっ散らかってしまったS氏、なのです。
 今回レストアに当たって特製の、カバード・ライトの「ルマン・カウル」を装着すべく輸入したところ、大きなFRP製品ゆえ歪みも大きくフィッティングは中々大変だったそうな。
 しかしその苦労は充分報われている格好良さ(!)です。
trsfe.jpg 
 通常のHパターンの前方が(Wのように)広がったシフトパターンは変わっていませんでした(笑)



 その日に投稿した川柳が久々に、画像つきの・・・
「今日の一句」
2018-1-030.png  
に選ばれたのも新年早々良いニュースでした。
お題「おせち」を見て直感的に詠んだ句です。
おせち
(画像は運営さんが付けてくれます)

と、まあ楽しいお正月でした。
 
  1. 2018/01/07(日) 20:42:54|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A happy new year


(秋の撮影ですがw)


自分にとって非常に良い年だった
と言える2017年がゆき
一層の努力と慎重さで・・・
とりあえず現状維持を目指す
(端から現状維持狙いでは後退、でしょう)

2018年

が来ます!
新年もよろしくお願いいたします<(_ _)>



大掃除は大晦日までみっちり、でした。
例年、外せる窓と網戸は全て外し・・・
アミド 
丸洗いします。
家の前(公道)を清め
交通がほとんど無いのを良いことに(笑)
大判のプチプチをひいた上で···
あみど
洗います。こうすると
網戸にダメージを与えずゴシゴシ洗えるのです。
まあ
取り外しによる破損リスクは高まりますが(笑)



キッチンのレンジフードの油汚れには

パーツクリーナー

がめっちゃ効果的です(笑)
フィルタ 
黄色線の上下の差お判りでしょうか?
シューッと噴き付けて擦るだけです。
ぜひお試しを!






我家の向かいの空き地の造成が始まりました。
この機会を逃すまじ!
と市役所に電柱の移動、を問い合わせると・・・
既にスケジュールに入っている、とのこと。
朗報でした。
クルマの出し入れに超邪魔だった
電柱がなくなる(実際には奥まるw)のです!
電柱 
(暫定2本並立w)

良い年だった2017を締め括る吉報
にして2018への吉兆、と言えるでしょう。

それでは皆様も良いお年を<(_ _)>
  1. 2017/12/31(日) 23:01:48|
  2. Culture&Social
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末進行(?)


(Z界?では有名なA先生の愛車)


 「年末進行」という言葉、ご存じでしょうか?

 出版の世界で・・・

年末年始に休むため(笑)
新年号の編集を年内に終わらせる

 ことを言います。
 編集員が休むため、はもちろんですがむしろ製本、流通が休むため、の方が主でしょうが(笑)

 このところ連載に関わらせていただいている
ホリデーオート

ハイスピードドライビングテクニック


 ですが只今発売中の今月号のお題は

ステアリング・ワーク

 です。この回にあたっての編集I氏との事前打ち合わせの際
「ハンドルを沢山切るのが判っているなら、はじめから持ち手をずらし両手が交差するのを遅らせる・・・といったことを盛り込むわけですよねえ?」
『そうですね』
「とすると4コママンガ的コマ割りとかが必要になってきますねえ」
3コマ
『確かに ヒール&トー の時のように
ヒトコマじゃあ済まないでしょうね』
「てことは何コマかハンドルを沢山描かなきゃならない、ってことになりますねえ?」
『そうなるでしょう』
「ハンドルってのは真ん丸じゃないですか、その同じような真ん丸を手書きで沢山描くのはちょっと難しいというか、大変なんですが・・・」
『う~ん、わかりました。今回は写真で行きましょう。イラストは一回休み、ということで・・・』
てなわけで・・・
 今月号が写真のみになっているのは本紙でご確認を(笑)

 そしてそのまま、年末進行(笑)翌月号の話へ。
『翌月は前後左右の荷重移動について、と思ってます』
「とすると、ブレーキングして前荷重でノーズダイブしてタイアが潰れてグリップが一時的に増している時にターンインで切り込む、とかを描かなきゃならないんですね?」
『そうなりますね』
「そんときロールもしてて、テールが浮き気味ならなお良し、と?」
『その通り、でしょう。今回は「摩擦円」については触れないつもりですが』
「あくまでターンインの状態で、定常旋回に入る前の姿勢が良いんですよね?」
『そうしてください』
と、ただ言われた通り絵を描くだけのイラストレーターではなく


クルマと運転を理解している絵描き


としての真価を発揮(笑)スムーズな打ち合わせでした。

 その時点では、過去の作品にZ33があるので(トップ画像)それを「流用」すれば早く、年末進行に間に合う、という話で終わったのですがいざやってみると・・・

 なんとなく、走っているように見えない。
 そりゃそうでしょう、元々止まってるんですから。
 一方ロール感も、小さいモノクロ頁の
「挿し絵」には相応しくない「背景」を描き込まねば表現できない(!)
 前荷重、後部抜重、旋回方向といった「矢印」等は最低必要

 なことがわかってきました。
「このアングルではダメだ・・・」
その旨I氏に連絡すぐ別アングルで描き直すことにしました。


 ターンインの切り込みとロールを表現するにはもう少し視点をフロント正面方向にずらし・・・

 左右前輪が同時に見えるようにすれば良い

 のでした。さすれば内輪外輪のサス・ストロークの違いまで描くことができます。
 それが決まったところで事前に文章を合わせるため「ポンチ絵」をI氏に送付、直後から慌ただしい中平日夜間も使って、なんとか仕上げたのが
33Z.jpg 
これです。

来月発売の、本来の新年号(笑)
に小さくですが載っているはず、です。
[年末進行(?)]の続きを読む
  1. 2017/12/24(日) 11:28:10|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Street Views2017:その2

くろ婆

街中で見かけた変な?ものの話、続けましょう。

トップ画像は職場近くの交差点、
横断歩道近くに立つ謎の配電盤?

画像のように夜、暗い中運転手目線で見ると…
黒い服(広がったスカート?)を着た女性が
横断しようとしている(?)
ように見えて、ドキッとします。
黒婆
(右手をポケットから出しているような…)

遠目に、そう見えませんか?


続いて、自分の運転する社用車のクラウン。
そのRバンパーにある日、
英語(文字)が浮かび上がりました。
IMG_20160923_141948_convert_20171216113144.jpg 

「He…?彼??」

近寄ると直ぐに謎は解けました。 
道路標示(ペイント)

「とまれ」の「ま」でした(笑)



朝、職場に向かって歩いていると
横断歩道上に見慣れぬ落とし物…
ちえん
自転車のチェーン

でした。我が家では見慣れてますが(笑)
穴開き  ちえん

良く見れば錆びもなく…
ちゃんとメインテナンスされている
ことが窺われます、
というか典型的な素人整備(失礼)で結合が甘く、

脱落してしまった

のでしょう。そして
それだけ自転車弄っている人なのだろうに
そのチェーンを拾っていないのは…

相当急いでいたのでしょう(TT)
この人は、間に合ったのでしょうか?


自転車でもう一件。

何気に停めてあったノーブランド?
電動アシスト自転車。
モーター等のメカニズムはインホイール…
らじある 
巨大なハブに内蔵されているようです。
そしてその大径ハブと小径リムをつなぐ

短いスポーク

良く見るとなんと

ラジアル組(!)
ラジアル
スポークが交差せず放射状に配置されています。

スポークとリムが直角につながるラジアル組は
スポークの張力と駆動力の向きが異なるため
駆動力を伝えることができません。

ゆえに普通は前輪にしか使わない(使えない)
ものなのですがこれは後輪…

ラジアル組を後輪に使った場合実際には
ホイール全体がひしゃげて(!)
リムとスポークに角度がついてから
ようやく駆動が伝わりはじめる、のです…

こんな明らかな、工業製品としての「欠陥商品」
あるんですねえ。

  1. 2017/12/16(土) 11:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ