Dovi wins !


(デジャヴ?)

 モトGP日本ラウンド、先程フィニッシュしました。

 今年は悪天候に祟られました。
 現地の観客は雨はもちろんのこと、結構な寒さにもさぞや悩まされたことでしょう。
 
 

 一般に、グリップが下がる雨のレースは限界まで攻められる筈もなく、浅いバンク角でヨロヨロ走る(失礼w)
紳士的レース(?)になるかあるいは、そのコンディションに合致した一人が圧勝するパターンが多く・・・
 ぶっちゃけあまり面白くありません。
 我等がロッシも走りを見る限りはあまり雨が好きではないようで
(w 誰でも?)よけい興味を削がれます。

 しかしそんな事前の予想を遥かに上回る、ドライ、ウェット関係なしの稀に見る激戦(!)が繰り広げられました。


 実際今日のレース、序盤にロッシが転倒リタイア
「あ~あ・・・」
こうなったらチャンピオンシップ争いしか見るものはない
「行けドヴィ!マルケスなんかやっつけろ!!」
と、このところ当ブログでも頻繁に取り上げている

A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)応援モード

 でTV観戦を続けました。
 そして実際に終盤、彼等2人の一騎討ちとなります。

 かなりのヘビー・レイン、滑り易い路面でのマルケスの驚異的なスライド・コントロールと、ドヴィのみが最大限に発揮させ得るドゥカティ・デスモセディチのパワーとトラクションの勝負です。

 ファイナル・ラップ、リードするマルケス。
「さすがに届かないか・・・」
と思った矢先、大きくバランスを崩すマルケス!
 相変わらず冷静なドヴィ
(レース後「別にリスクを犯してない訳じゃない」とコメントw)
 はすかさず抜きます。
そして最終コーナー・・・
jgpfl.jpg
オーストリアの再現(!)
aus gp
のような「交錯」

 を経ての・・・ドヴィの勝利!

 観ていて、声の出る(=awesome?)すんごいレースでした。

 観ていない方は騙されたと思ってチェック!

  1. 2017/10/15(日) 19:23:17|
  2. Moto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まるせん「走る川柳」コンテスト

先月・・・
aus gp
ドヴィツィオーゾについて

および

その文章の掲載

 について書きましたが、今月のライディングスポーツ巻頭本文にほぼ同様の(?)分析が載り・・・
 ちょっと嬉しい気分です。

 特にその文中というか見出しにあった「開眼」のフレーズは
 ⓒ十字野郎、って感じでしょうか(笑)
 だって普通、今時のライターさんならゲームやアニメっぽい「覚醒」とかを使うと思うのです。
 まあ翻訳者さんの潜在意識にそのフレーズ残った(?)だけでしょうが(笑)




 変わってまた川柳の話題。

 川柳投稿「まるせん」における「走る川柳」コンテストで入選致しました!
 
走る 走
 その昔無意味に(笑)三浦半島、湘南方面へバイクやクルマを夜中走らせた経験を詠んだものです。
 それが嵩じて(?)自分は、こちら(=逗子)に越してきてしまったのでした。
 コンテスト運営側としてはジョギング、ランニング、マラソンの「走る」を想定していたようですが、そこを捻って
 (というか自分としては当然の)
 クルマ側へ振ったところがよかったのかもしれません。
 これで入選は通算5回目。
 続けて精進します<(_ _)>

  1. 2017/10/08(日) 21:00:20|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Competition Driving


(我等がPF先生)

 先日自分のイラスト掲載にご尽力頂いたライター飯嶋氏より、突然送られてきたのがトップ画像。

 今は亡き世界的モータージャーナリストにしてルマン・ウィナー・・・
PF.jpg
 映画「グランプリ」にも出演 )
 ポール・フレール氏、が

正しいドライビング・ポジション

 を自ら示している図です。
 本文には
「急で申し訳ありませんが、
 肘が充分に曲がっていて、
 シートバックと背中の間に隙間のない状態の、
 正しい運転姿勢のイラスト
 は描けませんか?」
という依頼でした。
 なんでもドラテクの新連載の企画で、しかも仮題は「新ハイスピードドライビング」とか(!)
 この企画が、自分も敬愛するPF先生による伝説のドラテク本

ハイスピードドライビング
(原題Competition Driving)

 の影響下にあることは画像の示す通りでしょう(笑)
 そして、今月ホリデーオートに掲載されたばかりで調子こいている自分です。イチも二もなくこのオファー、受ける気になったのは当然でしょう(笑)

 なるほど良く見ればこの画像、背中や腰がすっぽり隙間なくシートに収まっているのは判りますが・・・
 それが見えてはいません。

 ウェブで画像検索しても写真でそれが確認できるものは皆無。
 あるのは自動車スタイリングやメカニズム・レイアウト検討用のテープ・ドローイングのような側面図(=イラスト)のみ。
 またそれらに組み合わされて描かれているのは、ほぼシートの座面線図のみでした。
「確かに、これは絵の出番かも」
しかし写真実物を問わず、何かを見て描くのではなく

実際にはないものを想像で、しかもリアルに描く

のは結構難しいものなのです。
 例えばその架空のドライバーにレーシング・スーツを着せたとしましょう。
 するとそのスーツの表面にどんな「皺」が現れるか、考えなければならない(!)のです。それを怠ると、途端にリアリティーが減る、というかマンガっぽくなってしまい、それは自分の望むものではないのです。
 その難しさご想像頂けるでしょうか(笑)

 といっても難しいからといって何もしない訳にもいかず・・・
 PCデスク用の椅子の前脚を座面が前上がりになるよう古雑誌で調整しそこに掛け
 肘に充分ゆとりを持たせた自分が正しいと思う運転姿勢を
(ステアリングはエア、持ったつもりで・・・w)
 とり、撮影して貰いました。

 その画像を参考に、被写体が自分で(もちろんPF先生でもw)ないように描き出して行くと自然に・・・
 前述テープ・ドローイング風かつクラッシュ・テスト用ダミー(人形)的なものができてきました。
 そして人体模型的というか、自分の好きなB級映画(失礼)S・スタローン主演の・・・
(アメコミ実写化としては非常に良くできてるw)
 に出てくる「クローン人間」に似た感じ(?)
 もっと言うと・・・
 ロゴなしのペプシマン(!)といった「人物」ができあがりました(笑)

 加えて、上体がシートに収まっているのを表現するためにシートを

カット・モデル

 にしたところが今回のアイデアの冴え、でしょうか(笑)

 ただそれらクリーチャー(?)に引っ張られたことに加え、被写体たる自分もTシャツ短パン姿だったこともあり最初の「そいつ」は筋骨隆々(笑)
「リラックスすべきところなのに力入っちゃって見えるかも・・・」
と感じました。
 加えて iパッド・ミニでの撮影でそのレンズの「深さ」からパースペクティブが強く
「上体に行くほど大きい、特に腕が長い・・・」
のも感じられ、やむなく改訂版を・・・
rn.jpg
  (Mk1 → Mk2)
 描かざるを得なくなりました。
 左を見て頂くと大腿部の筋肉の盛り上がりとかくるぶし、上腕二頭筋等が不必要に強調されている感、ありませんか?
 そして、でき上がったのが・・・
 dp.jpg
 これです。

来月号に載るような・・・。
  1. 2017/10/01(日) 19:38:42|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

載りました万能川柳

万柳7
(前回から半年振り・・・)

 やった。毎日新聞「万能川柳」載りました。

 前回「当選」時 は時事ネタでしたが今回は季節物、でした。

 この句は友人に
「マーフィーの法則的なもの?」
と訊かれましたが、まあそうですね(笑)クルマのエアコンで体験済みですが大昔、実家が肉屋をやっていた頃にしみじみ亡父が言ってた台詞でもあります。

 川柳と言えば「まるせん」の方も順調に投稿を続け・・・
 総投句数も500を超えポイントランキング(?)でも「中堅」となりました。
 何より日常のヒマをいいことに参加登録以来の投句「皆勤賞」、実力はともかく
(それでも、コンテストは4回入賞・・・w)
 そこそこ認知されているのでは、と思います。

 実力と言えば・・・
 これまで獲得した「ナイス」はちょうど100。
 獲得率2割ちょい欠け(日割りだと4割ちょい・・・w)は
「悪かない」
と勝手に思っております。

 とりあえず一日おきのナイス獲得を目標に今後も精進します。

  1. 2017/09/24(日) 12:19:36|
  2. 万能川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ホリデーオート掲載・・・

HA10.jpg 
只今絶賛発売中のホリデーオートに・・・
 ha101.jpg ha102.jpg
に自分のイラスト・・・
CL.jpg  DTM.jpg
が載ったわけですが、その「原稿料」・・・
入金 
もう(!)お手続きいただいたようです。
モーターマガジン社
ならびに
ホリデーオート編集長阪本様そして飯嶋さま
ありがとうございます。

今週はちょっと立て込んでまして
以上です<(_ _)>
  1. 2017/09/17(日) 19:02:17|
  2. Illustration&Work
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ